ゲストハウスを舞台に繰り広げられる盗難

みんなで使う共有部分が多いゲストハウスだからこそ問題となるのが盗難です。管理人が住んでいたゲストトハウスでも多数発生していましたので、どこでにでもある問題なのでしょう。

部屋の鍵はしっかりと閉める

基本的な事ではありますがゲストハウスの個室の部分の鍵は閉めておきましょう。例えばトイレに行ったりシャワーを浴びたり短い時間であれば問題なさそうな感じがしますがそんな事はありません。ゲストハウスに住む人間の中には低所得のいわゆる底辺層が多数存在しています。彼らにとっては自分の稼ぎになるものなのですから、道徳観とかそんな事は関係なしにして堂々と人の物を盗んでしまうのです。中には盗みを働く為にゲストハウスに住んでいる人間もいるくらいなのです。こう言った人間が多数入居しているのですから、自分の身は自分で守るしか方法はないと言えるでしょう。ゲストハウス内の盗難は自分の身で防ぐしか方法はないのです。

中国人、韓国人は盗難癖がある

特に気をつけてもらいたいのが中国人と韓国人の盗難癖です。彼らには日本の常識や道徳心と言うものが一切通用しません。自分の手の届く範囲のものであれば遠慮しないで盗んでしまいますから注意したいものです。特にゲストハウスに住んでいる中国人、韓国人が収入も少なく日々の生活に困っている人が多数います。こうなってしまうと盗むな!と言う方が無理なのかも知れません。靴すら簡単に盗んで売ってお金にしてしまう人種ですから十分に注意をした方が良いでしょう。どうしても不安な人は下駄箱に靴をおかないで自分の部屋にまで持ち帰った方が良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>