ゲストハウス内で金銭の貸し借りはしない事

前にも少し書きましたがゲストハウス内にはおろくほど低所得の人が多数存在しています。彼らは日雇い労働者だったり、フリーターだったり生活保護者だったり・・・とにかくお金をもっていない貧乏人が多数存在しているのです。そんな中でお金の貸し借りをしたらどう言う結果になるのかは簡単に想像出来る事なのではないでしょうか?

ゲストハウス内は家族ではない

多くの人が勘違いしてしまうのが同じゲストハウスに住んでいるとみんな家族だと思ってしまうのです。そりゃあ、本当の家族よりも接する時間が長くなってしまうのですから当然と言えば当然かも知れません。しかし、それは本当の家族ではないと言う事を認識すべきでしょう。いくら一緒にいる時間が長くても他人は他人なのです。

そんな他人同士がお金の貸し借りをしてしまうとどうなってしまうか?今まで苦い経験をして来た人は沢山いるはずです。絶対に帰って来ないと言っても良いでしょう。返したくても返せないのです。彼らは恒久的に貧乏なのですから・・・そもそもある程度のお金の余裕がある人がゲストハウスに入居する事はありません。留学生や面白半分で入ってくる人もいますが、9割方貧困層である事を覚えておいた方が良いでしょう。サラ金も貸してくれない様な人にお金を貸してどうするつもりなのでしょうか?家族なんだから返してくれるとでも?これは非常に大きな間違いですから、この様な甘い考えはすぐにでも捨てないといけないでしょうね。

ゲストハウス内に借金取り

そう言えば私の住んでいたゲストハウスに借金とりが来た事が何度かありました。どうやらサラ金から借りているにも関わらずに返済をしていない人がいたみたいですね。その人はフリーターでとてもじゃないけどお金を稼げ無さそうな人でした。ゲストハウスの中では良く見ることが出来る貧困層です。関係のない人にまで嫌な思いをさせていましたから・・・・彼は今ごろどうしているのでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>