口臭の原因を知り対策をしよう

口臭を気にする人は少なくないです。口臭は、さまざまなことが原因で起こります。
食べ物や飲み物(ニンニク、ネギ、お酒)などによる口臭は、時間とともに臭いは無くなってくるので心配はいらないです。また、起床時や空腹時、緊張時に口臭は強まる傾向があります。このような場合、唾液の分泌が少なくなるので細菌が増殖しやすくなってしまうからです。歯磨きや、食事によって水分が補給されれば臭いは気にならなくなります。
また、内臓の病気が原因で起こるものもあります。鼻、のどの病気で起こる場合もあります。ストレスによって唾液の分泌が少なくなり起こる場合もあります。
口の中のトラブルが原因で起こることも多いです。虫歯や歯周病、歯垢や歯石、舌苔などが代表的なものです。また、プラスチックの入れ歯などもにおいを吸収しやすいです。
口臭予防には、口の中を清潔に保つことはもちろん、舌も磨くと効果的です。
唾液の分泌を促すためには、良くかんで食事することも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>