わきがの手術は、美容外科でよく行われています。

しかし、保険適用外にしている場合が多いです。それは、採算が合わないということもあります。しかし、大きな理由としては、わきがは「日常生活に支障をきたす疾患」として認められにくいからです。しかし、近年になってわきがに悩む人が増加してきたことで、外科においてわきがの手術を取り扱うようになりました。この場合は保険適用となります。保険適用となるためには、「疾患」と医師が認めければなりません。なので、実際に医師ににおいをかいでもらって「疾患」と判断されます。つまり、においの程度によって保険の適用が決定されるのです。においの判断は、医師によっても異なります。なので、複数のスタッフにかいでもらって判断する病院もあります。手術は、剪徐法というものです。それは、汗腺であるアポクリン腺を取り除くことによって行います。メスで皮膚を切開して、はさみでアポクリン腺を切って除去していきます。