Menu

行政でも活躍出来る介護福祉士

介護福祉士は、臨床現場で働くのが最も典型的で、多くの介護現場で重宝される人材になっています。介護施設を運営する上では、介護福祉士を人材として抱えなければならなくなっているため、引く手あまたになっていて待遇もいいのが現状です。
しかし、実際に現場に出てきてみると、臨床現場での仕事は自分には合わないと感じる場合もあるようです。そのようなときに資格を生かして働きたいと考えたら、臨床現場から離れることもできるのは、介護福祉士のメリットです。介護や福祉全般についての知識を持っているのが介護福祉士の特徴なので、介護についてのカウンセリングを行う相談施設でも高い需要があります。介護の仕事に従事していて悩みを持ってしまった人に、解決策を提示するのが主な業務です。
また、行政でも介護福祉士が求められています。国や地方公共団体のレベルで介護を推進していかなければならない状況があるのが日本社会であり、十分な知識を持っている人材が必要とされているのです。このような立場で働くと、臨床現場から見ると上からの目線で介護に関わっていくことができます。より良い形で介護を行えるようにするために介護職者や介護事業主に対して助言を行ったり、法制の整備に携わって介護を充実させるための方策を練ったりすることができるからです。
介護福祉士として活躍できる現場は、臨床だけではありません。上の立場に立って、より良い介護を実現するために知識を生かしていくこともできます。