ゲストハウスに住む人間の民度

ゲストハウスには貧困層や低所が得な人間が集まってしまうものです。言い変えれば非常に民度の低い人間が集まると言う事になりますね。これは非常に危険な事なのです。トラブルに発展してしまう危険性もはらんでいますので注意しておいてください。

喧嘩が絶えないゲストハウス

一般的なイメージとしてはゲストハウスと言うとほのぼのしているかも知れません。テレビドラマなんかで報じられているのもこうしたイメージのものがほとんどです。しかしながら現実問題はそんな事はないのです。民度の低い人間が集まるゲストハウスですから、常に喧嘩がある状態なのです。

例えば民度の低い人間ですからドアを閉める音がうるさかったり、廊下を歩く音がうるさかったりとか他人の事を気にしない人が多いのです。これは今まで普通に暮らしていた人にとっては耐えられないものでしょう。これが元で喧嘩になってしまうケースが多数あるのです。

ゲストハウスは我慢しないと暮らせない

正直に言ってこう言う人種の方たちに話をしても聞く耳を持ちません。騒音に関して話をしても全く通じない事がほとんどなのです。下手に注意をしてしまうと暴力に訴えて来て返り討ちに合うのが関の山です。もう自分が我慢する以外にないでしょう。ゲストハウスに住むには我慢をする事も必要なのです。

腕に自信がない人は出来るだけゲストハウスには住まない様にした方が良いのかも知れないですね!

それでも興味を持ってしまう人は東京で人気のゲストハウスで調べてみると良いでしょう。

ゲストハウス内で金銭の貸し借りはしない事

前にも少し書きましたがゲストハウス内にはおろくほど低所得の人が多数存在しています。彼らは日雇い労働者だったり、フリーターだったり生活保護者だったり・・・とにかくお金をもっていない貧乏人が多数存在しているのです。そんな中でお金の貸し借りをしたらどう言う結果になるのかは簡単に想像出来る事なのではないでしょうか?

ゲストハウス内は家族ではない

多くの人が勘違いしてしまうのが同じゲストハウスに住んでいるとみんな家族だと思ってしまうのです。そりゃあ、本当の家族よりも接する時間が長くなってしまうのですから当然と言えば当然かも知れません。しかし、それは本当の家族ではないと言う事を認識すべきでしょう。いくら一緒にいる時間が長くても他人は他人なのです。

そんな他人同士がお金の貸し借りをしてしまうとどうなってしまうか?今まで苦い経験をして来た人は沢山いるはずです。絶対に帰って来ないと言っても良いでしょう。返したくても返せないのです。彼らは恒久的に貧乏なのですから・・・そもそもある程度のお金の余裕がある人がゲストハウスに入居する事はありません。留学生や面白半分で入ってくる人もいますが、9割方貧困層である事を覚えておいた方が良いでしょう。サラ金も貸してくれない様な人にお金を貸してどうするつもりなのでしょうか?家族なんだから返してくれるとでも?これは非常に大きな間違いですから、この様な甘い考えはすぐにでも捨てないといけないでしょうね。

ゲストハウス内に借金取り

そう言えば私の住んでいたゲストハウスに借金とりが来た事が何度かありました。どうやらサラ金から借りているにも関わらずに返済をしていない人がいたみたいですね。その人はフリーターでとてもじゃないけどお金を稼げ無さそうな人でした。ゲストハウスの中では良く見ることが出来る貧困層です。関係のない人にまで嫌な思いをさせていましたから・・・・彼は今ごろどうしているのでしょうか?

 

 

ゲストハウス内で盗難に会ってしまった場合の対処法

それでは実際にゲストハウス内で盗難に会ってしまった場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?相手が韓国人や中国人の場合は言葉が通じない事もありますから、面倒な事になりそうですが…

警察に連絡しても無駄である

これは私が実際に経験した事なのですが、共有のリビングにおいておいたiphoneが盗まれてしまったのです。購入したばっかりのものですから転売目的で盗んだのでしょう。

私はすぐに警察に連絡をしました。盗難に会ったのですから当然の対処だと思っていたのです。ところが警察に連絡しても相手にすらしてくれないのです。彼らの言い分を簡単にまとめると

君たちは同じゲストハウスの中に住んでいるんだから仲が良いだろう?それなら本人同士の問題ではないのか?例えば自分の家で明らかに自分の家族が盗んだ場合に警察に通報するか?しないだろう?

こう言った理論である。確かに家族内の問題を通報する事はないが、ゲストハウスの中で起こっている事は他人同士の問題である。家族間の問題ではない!

しかし彼らから見たら好きで一緒に住んでいるなら一緒だろ!と言う事になるのだ。これは酷い…

いくら言っても聞き入れてもらえませんので諦めましたが、これはきっとアノ韓国人の仕業ではないかと今でも疑っています。

ゲストハウス内で盗難に会ったら諦めよう

今まで色んなゲストハウス内の盗難を見て来ましたが、これはもう諦めるしかないみたいですね。掲示板に「私のiphoneを盗んだ人は返してください!」と書いても意味はありません。それくらいで出て来るのでしたら出れも苦労しません・・・ゲストハウス内の盗難に関しては諦めた方が良さそうですね。あれこれしても絶対に帰って来る事はありません。

管理会社に電話したところで相手にしてもらえません。本当にゲストハウス内で盗難に会ったのか?とか証明出来ない事を聞かれてつかれるだけですから。。。

これが私が経験したゲストハウス内での盗難の全容です。

ゲストハウスを舞台に繰り広げられる盗難

みんなで使う共有部分が多いゲストハウスだからこそ問題となるのが盗難です。管理人が住んでいたゲストトハウスでも多数発生していましたので、どこでにでもある問題なのでしょう。

部屋の鍵はしっかりと閉める

基本的な事ではありますがゲストハウスの個室の部分の鍵は閉めておきましょう。例えばトイレに行ったりシャワーを浴びたり短い時間であれば問題なさそうな感じがしますがそんな事はありません。ゲストハウスに住む人間の中には低所得のいわゆる底辺層が多数存在しています。彼らにとっては自分の稼ぎになるものなのですから、道徳観とかそんな事は関係なしにして堂々と人の物を盗んでしまうのです。中には盗みを働く為にゲストハウスに住んでいる人間もいるくらいなのです。こう言った人間が多数入居しているのですから、自分の身は自分で守るしか方法はないと言えるでしょう。ゲストハウス内の盗難は自分の身で防ぐしか方法はないのです。

中国人、韓国人は盗難癖がある

特に気をつけてもらいたいのが中国人と韓国人の盗難癖です。彼らには日本の常識や道徳心と言うものが一切通用しません。自分の手の届く範囲のものであれば遠慮しないで盗んでしまいますから注意したいものです。特にゲストハウスに住んでいる中国人、韓国人が収入も少なく日々の生活に困っている人が多数います。こうなってしまうと盗むな!と言う方が無理なのかも知れません。靴すら簡単に盗んで売ってお金にしてしまう人種ですから十分に注意をした方が良いでしょう。どうしても不安な人は下駄箱に靴をおかないで自分の部屋にまで持ち帰った方が良いのではないかと思います。

外国人が多数住んでいるゲストハウスの危険性

ゲストハウスは色んな国籍の人間が多数住んでいます。日本人だけではありませんから、色んな国の価値感を知ったり言葉を覚えたりと色々とメリットがあります。しかし、実際にはメリットだけでは無くてデメリット、危険性が存在している事も知っておいてください。

ゲストハウス内では日本人女性は標的

外国人から見れば日本人の女性と言うのは非常に魅力的です。白い肌、黒い髪、これはハリウッドセレブも憧れてしまうものなのです。だからこそ用心しないといけないでしょう。

全てと言う訳ではありませんがゲストハウスに住む外国人は日本人女性を性処理の道具としか思っていない人が多数存在しています。これは日本人が外国人に弱い事にも責任があるのですが・・・とにかく彼らは体だけを狙っています。実際に私が住んでいたゲストハウスの中でも外国人によるレイプ事件が何件も発生していました。国際的な問題ですからニュースになる事は無いのですが、東京都内だけでもかなりの頻度で発生しているでしょう。女性がゲストハウスに入居する時は注意しておいた方が良いでしょう。

特に韓国人には注意

その中でも特に注意してもらいたいのが韓国人です。韓国ではレイプの発生件数が日本に比べて格段に多くなってしまっています。これは実際に報道でご存じの方も多いでしょう。一時期は韓流と言う言葉でもてはやされていたのですが、それを逆手にとって彼らは優しい顔をして近づいてきますので注意が必要です。東京都内のゲストハウスの中には韓国人が多数住居しているところが存在しています。そう言ったところに入居するのは火事場に飛び込んで行く様なものですから控えた方が良いでしょう。事前にどう言った国籍の人が住んでいるのかを確認する事が必要です。

ゲストハウスに潜む危険

新宿新宿最近になって東京都内を中心に話題になっているゲストハウスですが、大きな危険が潜んでいる事はご存じでしょうか?色んな人と出会う事が出来てしかも格安で住む事で出来ますので便利な様な感じがしますが、実際はそれなりの危険が潜んでいる事を把握しておかないといけません。これを知らないで憧れだけでゲストハウスに住んでしまうと大変な事になってしまいますので注意してもらいたいものです。

このサイトでは実際に色んなゲストハウスを10年にわたり渡り歩いて来た管理人が見て来たゲストハウスの危険性を解説してみたいと思います。

今現在ゲストハウスに住んでいる人もこれから住もうと考えている人も参考にして頂ければと思います。