Menu

適切な介護が求められる介護福祉士

介護福祉士の大変な部分は、定められている介護を行うだけではなく、精神的にも支えないといけないとこです。
活躍するには、高い介護スキルに加えて、ストレスを緩和する為に会話力が求められます。介護を求めている人によって、どのようなサポートを必要なのか全然違っているので、状況判断能力が重要になります。適切な状況判断をする事ができないと、介護を求めている人に最適なサポートを行えなくなり、トラブルやアクシデントに繋がる恐れも出てきます。信頼関係にキズが発生したり、今後のキャリアプランにも悪い影響を及ぼすので、できる限り回避しなくてはいません。
会話力も重要で、介護をしている時に苦痛の時間を与えるのではなく、楽しい時間を過ごす事ができれば、それだけ精神的な負担を与えなくて済みます。介護を受けている人は、何かしらのサポートを受けている際、想像以上に精神的な苦痛を生み出している事が実際あるようです。
ストレスを緩和させる為に一番効果的なのが話をする事で、積極的にコミュニケーションを取るだけでも大きな変化を与えられます。ストレスは心だけではなく、体に悪い影響を与える危険分子になっており、リハビリが難しくなる、もしくは身体能力低下などの事態を生み出す恐れがある為に要注意です。
適切なサポートを実施するには、介護力以外にも経験が重要になってきます。少しずつ経験を積んでいき、適切な介護を行える介護福祉士として成長できる為、経験は大切な役割を持っているのです。