Menu

転職をする傾向が大きい介護福祉士

介護業界では、業界入りした当初から転職をする人が多い傾向にありますが、介護福祉士の資格を取得した人でも同じ傾向があります。
同じ職場で働き続けるよりも別の職場に転職した方が良いと考えられる部分が多いのは、介護福祉士の特徴です。勤続年数を増やすことに執着している人を除けば、転職を考えた経験がある人が多くなっています。キャリアを積んで経験も十分にあって活躍できるとよくわかる介護福祉士は人材としての需要が高く、転職によって給与などの待遇が良くなることが多いのが実情です。そのため、もともと水準がやや低めの給与を少しでも高くすることを目的として転職先を探すことがよくあります。
また、介護福祉士として介護のベテランとして活躍できるレベルになると、職場への不満が募ることも稀ではありません。もっと良いシステムで介護を行っていきたいけれど現場の方針や経営者の理念と合わないとわかり、自分の考える理想の介護を実現できる職場を探して転職するということも多いのが実情です。
そして、介護福祉士には、女性が多いという影響もあって、家庭の事情により転職することもあります。需要がある資格を持っているので、引っ越しなどで他の地域に移っても勤務先を獲得しやすくて良かったという感想を述べる人も珍しくありません。業界内での需要の高さから、転職するのにメリットを感じることは多く、介護福祉士になったら転職を活用するという視点を持つのは賢いと言えるでしょう。