Menu

介護福祉士の厳しい現状問題とは

現状深刻な問題として、介護福祉士の人数が介護を求めている人数と比べても圧倒的に不足しており、優秀な介護福祉士ほど心身ともに大きな負担が発生しています。短期間なら耐えられるかもしれませんが、今後はもっと多くの人が介護を求める時代になり、これまで以上に厳しい環境が待っているでしょう。このままでは、既存の介護福祉士の負担が大きくなりすぎてしまい、パンクする恐れがある為、国が力を入れて職場環境改善を目指しているのです。
多くの地域に介護施設を建設して、一つの施設に発生する負担を少しでも減らす取り組みが実行されています。急激に施設が増えている訳ではありませんが、少しずつ一つの施設に発生する負担を解消できており、介護福祉士の負担軽減に活かされているようです。
もう一つの取り組みは、若い人材を中心に、介護福祉士の人材育成に力を入れているのが関係しています。知識やスキルを習得できるだけではなく、実技研修を行う事で、即戦力として活躍できる人材を排出できるように変わってきているのです。
しかし、まだ取り組みを実施したばかりなので、目に見える変化が発生している訳ではありません。しかし、少しずつ一人に発生する負担が減ってきており、徐々に人材不足の問題を解消できているのが現状です。優秀な人材が多くなれば、介護を求めている人に適切なサポートを実施できます。働く側、そしてサポートを受ける側、どちらも充実した時間を過ごせるようになるので、国が力を入れている大切な取り組みなのです。